ニュース・イベント

HDCデヴェログ #2

次にSHINGOさんに会ったのはマクドナルド埼玉県XXX店。彼と最初に出会ってから約1週間後。花粉症がひどくなってきた頃。

CAPE DESIGNの橋本さんと僕とSHINGOさんの3人で、僕らのルアーを改めて見てもらいながら、釣りの話、ルアーの話、流体力学の話などをしました。SHINGOさんは僕らにもわかりやすく、彼が認める釣れるルアーの名前と特徴を教えてくれました。しかし、恥ずかしながら僕はそのルアーの名前をほとんど知らず、、

たくさん出たルアーの名前のなかで、ハンクルの泉さんのルアー作りの話をしてくれました。SHINGOさんは泉さんの事をとてもリスペクトしているとのことでした。僕がルアーを作り始めた頃、泉さんのハンクルミノーの作り方を本で何度も読んで勉強した記憶があります。SHINGOさんと同じくプロとして活躍する泉さん、彼のルアーは今でもどこの釣具屋に行っても見かけます。

きっとSHINGOさんが作りたいルアーは、泉さんに自慢したくなるような、それ程すごいルアーなんだと思いました。

めちゃくちゃ勉強して、頑張らないと、、

話をしながら、僕らが持ってきた数々のルアーの中で橋本さんが作ってきたトラウト用のバルサで作ったミノーとシャッド、それと僕が作った犬ルアーの小型バージョンについて、この3つについては評価してくださり、ちょっと改良すればもっといいルアーになるよ、と言ってくれました。これは嬉しい。

それと、前回の打ち合わせで僕らのルアーを見て何も言わなかったのは、今までハンドメイドルアーを作っている人達から「SHINGOさん、自分でルアー作ってみました!意見ください!」などと言われたことが何度もあり、色々正直に言ってしまうと、その人たちの夢を潰してしまうんじゃないかという不安があったらしく、そんな悩みがあることも教えてくれました。プロって大変なんだなあ、、、

たくさん話をしましたが、話は尽きづ、今度は三郷にあるHDC Outdoorの事務所で本多さんと打ち合わせをしようということになり、お開き。

本当に濃い、打ち合わせでした。

続く

ベビシャ